FPってどんな専門家?

ファイナンシャルプランナーの役割
 
 

誰しも
お金を多く持ちたいもんです
その方がいいに決まっています

 

 
 他のファイナンシャルプランナーの先生からしたら、きっと叱られそうなことを言ってるのかもしれません。けれど専門家である前に、ひとりのユーザー目線とか、お金の本音と建前というのを大切にしたいと思っています。そもそも、誰しもお金を多く持ちたいもんです。その方がいいに決まっています。なるべく多く持っていて損することなど起こりませんから。そして、この沸き起こる気持ちに変な遠慮は要らないものと織田は考えています。そこに蓋をしてしまうと、おおよそ後になって満たされない気持ちが爆発して、何か違う大きな出費を招くものですから。
 
 だから人生に必要な「お金が欲しい」という素直な気持ちを拾って、しっかり向き合うファイナンシャルプランナーであり続けたいと思っています。お金に余裕がない人にとって「お金がすべてじゃない」と言われたところで、何もピンと来ないものですよね。それよりも、具体的かつ必要なお金の計算をして、夢や目標に向かって行動した方が人生はずっと楽しいものになります。そんな夢や目標を応援するのがファイナンシャルプランナーの最大の役割です。人生の”伴走者”とも言われたりします。

FPってどんな専門家?

ファイナンシャルプランナーの役割
 
 

誰しも
お金を多く持ちたいもんです
その方がいいに決まっています

 
 
 他のファイナンシャルプランナーの先生からしたら、きっと叱られそうなことを言ってるのかもしれません。けれど専門家である前に、ひとりのユーザー目線とか、お金の本音と建前というのを大切にしたいと思っています。そもそも、誰しもお金を多く持ちたいもんです。その方がいいに決まっています。なるべく多く持っていて損することなど起こりませんから。そして、この沸き起こる気持ちに変な遠慮は要らないものと織田は考えています。そこに蓋をしてしまうと、おおよそ後になって満たされない気持ちが爆発して、何か違う大きな出費を招くものですから。
 
 だから人生に必要な「お金が欲しい」という素直な気持ちを拾って、しっかり向き合うファイナンシャルプランナーであり続けたいと思っています。お金に余裕がない人にとって「お金がすべてじゃない」と言われたところで、何もピンと来ないものですよね。それよりも、具体的かつ必要なお金の計算をして、夢や目標に向かって行動した方が人生はずっと楽しいものになります。そんな夢や目標を応援するのがファイナンシャルプランナーの最大の役割です。人生の”伴走者”とも言われたりします。

お金の未来を計算して
数字マップを描きます

 

 
 ファイナンシャルプランナーの役割はお金の未来を計算して、人生このままでいいのか?列車を乗り換えた方がいいのか?将来像はもっと違うこと感じていたような…そんなことをヒアリングしながら、その方向を導く数字マップを描くこと。これが専門家としてやっていることです。保険の人や証券の人、場合によっては銀行の人と、イメージが重なってしまうときがあるのですが、ファイナンシャルプランナーが扱うのは、金融商品ではなくて、時にはそれをどう使うのか?人生の道具として必要かどうかも吟味しながら、人生(ライフ)の道しるべとなる数字マップを弾き出して、提供することにあります。

 

人生ステージを100年で考える
新しい未来とお金

 

 

 
 そして今、にわかに世界を駆け巡っている1つの大きな話題があります。それが人の寿命が100歳まで伸びるという話です。冗談でもなんでもなく政府も「人生100年時代構想会議(リンク)」をつくり、動きが本格化してきています。これまで80歳〜90歳でよかったお金の計算が社会保険をはじめ、健康保険、年金制度、退職金など根底から色々と狂ってしまい、退職の時期や、もっと言えば働き方そのものにも、なんらかの対策が必要になってくることが言われるようになりました。
 

定年のタイミングや働き方が変わる可能性大

人生ステージを
100年で考える
新しい未来とお金

 

 

 
 そして今、にわかに世界を駆け巡っている1つの大きな話題があります。それが人の寿命が100歳まで伸びるという話です。冗談でもなんでもなく政府も「人生100年時代構想会議(リンク)」をつくり、動きが本格化してきています。これまで80歳〜90歳でよかったお金の計算が社会保険をはじめ、健康保険、年金制度、退職金など根底から色々と狂ってしまい、退職の時期や、もっと言えば働き方そのものにも、なんらかの対策が必要になってくることが言われるようになりました。

 

定年のタイミングや働き方が変わる可能性大