FPってどんな専門家?

ファイナンシャルプランナーの役割 
 

ほしい未来に進んでいこう

人生のお金を考える時は、まずは大まかでよいのでほしい未来(目標)をイメージすると、現実になりやすいという話があります。といってもいきなり最終ゴール地点とかではなくて、まずは日々にあるような”ちょっとだけ進んでみたい”で良いのです。やがて、もうちょっと先の景色も見たくなり、さらにだいぶ向こうの景色まで。具体的に進んでいく道が見えてくることで、知らないうちに人生が豊かになっていく。そんなほしい未来を叶えるための必要なお金を具体的にして、地に足をつけるお手伝いをするのが、ファイナンシャルプランナーの役割です。さぁ、どんな人生を描きましょうか。

FPってどんな専門家?

ファイナンシャルプランナーの役割
  

ほしい未来に進んでいこう

人生のお金を考える時は、まずは大まかでよいのでほしい未来(目標)をイメージすると、現実になりやすいという話があります。といってもいきなり最終ゴール地点とかではなくて、まずは日々にあるような”ちょっとだけ進んでみたい”で良いのです。やがて、もうちょっと先の景色も見たくなり、さらにだいぶ向こうの景色まで。具体的に進んでいく道が見えてくることで、知らないうちに人生が豊かになっていく。そんなほしい未来を叶えるための必要なお金を具体的にして、地に足をつけるお手伝いをするのが、ファイナンシャルプランナーの役割です。さぁ、どんな人生を描きましょうか。

お金の未来を計算して
数字マップを描きます

 

 
 ファイナンシャルプランナーの役割はお金の未来を計算して、人生このままでいいのか?列車を乗り換えた方がいいのか?将来像はもっと違うこと感じていたような…そんなことをヒアリングしながら、その方向を導く数字マップを描くこと。これがファイナンシャルプランナーの役割です。世間的なイメージでは金融機関のお仕事と重なってしまうときがあるのですが、ファイナンシャルプランナーが一番に扱うのは金融商品ではなく、ひとりひとりのライフデザインを描くお手伝いをすること。そして、地に足をつけるための具体的なファイナンシャルプランを作成し、その道しるべとなるお金のマップを描くことにあります。

 

人生ステージを100年で考える
新しい未来とお金

 

 

 
 そして今、にわかに世界を駆け巡っている1つの大きな話題があります。それが人の寿命が100歳まで伸びるという話です。冗談でもなんでもなく政府も人生100年時代構想会議(リンク)」をつくり、動きが本格化してきています。これまで80歳〜90歳でよかったお金の計算が社会保険をはじめ、健康保険、年金制度、退職金など根底から色々と狂ってしまい、退職の時期や、もっと言えば働き方そのものにも、なんらかの対策が必要になってくることが言われるようになりました。
 

定年のタイミングや働き方が変わる可能性大

人生ステージを
100年で考える
新しい未来とお金

 

 

 
 そして今、にわかに世界を駆け巡っている1つの大きな話題があります。それが人の寿命が100歳まで伸びるという話です。冗談でもなんでもなく政府も人生100年時代構想会議(リンク)」をつくり、動きが本格化してきています。これまで80歳〜90歳でよかったお金の計算が社会保険をはじめ、健康保険、年金制度、退職金など根底から色々と狂ってしまい、退職の時期や、もっと言えば働き方そのものにも、なんらかの対策が必要になってくることが言われるようになりました。

 

定年のタイミングや働き方が変わる可能性大